www.haddadsdeptstore.com
ありふれたFXの本では「マイナスになった時はナンピン買いで、ポジションの平均をコストを下げることができる」と記述されていますが正直そこにはかなりの危険性が潜んでいます。まず、ナンピンの手法に関して簡単に記述しておきます。一例として1ドル100円でドルを買ったとします。$買いだから、円安ドル高に進むほど黒字が大きくなるわけですが、思い通りに行かず1ドル=95円まで円高に振れてしまったとします。このままの場合ポジションを保持し続けたら、損失が回復するまでにはマイナス分円安に動く必要があります。誰でも、損失はなるべく早く0にしたいと考えるでしょう。これを解決するため最初に買ったのと同じ分の$(ドル)を、1ドル=95円で買い増します。これで、ポジションの単価は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。要するに、2.50円の幅で円安が進めば損失を回復できます。この流れがナンピン買いの理屈です。こういうふうに、ナンピン買いの理屈を聞くと「もっともだ」と思ったりするが易々と上手くはいきません。もとより、1ドル95円より下がらないとは予想できません。もし、マーケットがドル安地合であれば、95円ではとどまらず更に一段の円高にいく確率が高いです。たとえば、97.50円でナンピンをした時に95円まで円高に向ったら、ナンピン買いしたポジションにも、損失が生まれてしまいます。その状況では、一番初めに取引したドルと合わさって、倍の為替差損が生じます。この例のように、ナンピンは難解です。それならば、相場がストーリー展開とは逆向きに進んだ場合どんなやり方で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。こういう場合には選べる道は多くはありません。まずひとつめはあきらめて損切りをする事です。別の方法としては、その時点で、所有しているポジションを少なくして、相場が戻るのを何もしないで待つことだけです。ずいぶん弱腰の対策だと考える方もいるだろう。しかしながら、持っている買いポジションに損が出た場合、一番有効な術はこれ以外にはないです。勿論、ロジックのうえでは、ナンピン買いする考え方も有効です。しかしながらナンピンは、自分自身がマイナスになっている状態にもかかわらず、ポジションを減らすどころか、逆にポジションを積み重ねていく考え方です。この手法では、危険を管理することなどとても不可能だと考えたほうがいいです。ナンピン買いを続ける事ができればその内勝てるかもしれない。だがしかし、それより前にお金はショートしてしまうだろう。