www.haddadsdeptstore.com
実際にPCの画面の前に座ってつねに上下動しているマーケットを見るとどことなく注文をしなければいけないという感情に影響される場合も多いです。しかし、漠然とした考えでトレードすることは、絶対にしてはいけません。知っての通り、相場は24時間どういう時でもどこかの為替相場は関いているし相場も休みなく変化しています。そうであっても、頻繁にエントリーを積み重ねると、その回数だけ損失を被る確率が高くなってしまいます。当然、売買の数を重ねることによって、次第に勝利する可能性が50%、50%に近づくのは事実です。けれどもその事は「漠然とした思いつきで注文」とは話が違います。売り買いの回数を重ねる事の意味は自ら「ここは!」と考え付いた勝算を得た場面でのトレード回数を積むという意味です。何となく、トレードを積むのとは明らかに違う。相場の戦いに勝利するためには自ずから考えてメリハリをつけることが大事です。「ここは勝てる」と考えた為替相場の時には、所持ポジションを多くして、思い切り利益を追い求めます。「少し難解なマーケットで、どう変化するのか読めないな」と考えた時は、保持ポジションを全部諦めて何もしない。それぐらいのけじめがあったほうが、結果的に売買はうまくいきます。マーケットの格言には「休むも相場」というものがあります。本当に言葉どおりだと感じます。為替取引とは、何も常にポジションを所有する事が大切ではなく、何も所持せずじっとしていることも取引です。では、どういった時に休むべきなのでしょうか。ひとつめは、先に述べたように、今の市場が具体的によく見えない時。これから高くなるのか安くなるのか判断できない時は、考え無しで行動すると、書いた筋書きとは逆方向に為替相場が動いてしまい、損失を被ることになる。そのため、こういう状況ではポジションを減らしてそのまま何もぜずに静観を決め込むのが最善の策です。ふたつめは、あなた自身の健康状態があまりよくない時です。体調と相場に影響ないと思う方もいるだろうが。意外と影響を与えます。体の調子が思わしくなければ外国為替市場の判断しなければいけない場面で、正しい決定ができなくなります。興味がわかない時は、トレードから離れてみるのも大事なことだ。