www.haddadsdeptstore.com
為替介入(外国為替平衡操作)という言葉を耳にした事がありますか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞記事、雑誌、テレビ、ヤフーの報道記事で確認した方も多いと思います。元から外国為替平衡操作(為替介入)といえば日本では、・大臣(財務大臣)為替レートの安定を実現できるように遂行する方策として使われています。簡潔に言えば、急激な円高または円安の時に財務大臣の指令により日本銀行が円を取引して為替レートの安定性を狙うものを言います。為替介入はやり方が何通りかあります。1.単独介入・・・行政・中央銀行(日本銀行)が東京市場の中で自ら市場に入って為替の介入を行なう。2.協調介入・・・いくつもの通貨当局が話し合ったうえ各通貨当局の金を使い同時または続けて外国為替平衡操作(為替介入)を実行していく。3.委託介入・・・異国の通貨当局に対して為替介入(外国為替市場介入)を委ねる。4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の銀行などと代わって外国為替平衡操作(為替介入)を行なう。こんなやり方です。いずれのやり方の為替の介入も一時的、あるいは継続して為替のレートに大きいインパクトを与えると思います。為替介入のお金は当たり前のことですが自分の国の面目をかけているのですから桁外れです。円を元にして説明すると、いつもは少しだけ動いている円相場が一気に数円の変動をするのです。投資家の方でしたら過去に体験したことがあると考えますが、これまでうまく含み資産(または含み損)を増やしていたポジションを保っていたところに、保持している持ち高が決済したとの内容の情報が業者からメールが。得したのかな(損失が出たのかな)?と思いつつ決済後のデータを見ると、自分で思っていた結果とは反対の内容になっていて驚いてしまったということがよくありました。外国為替市場介入(為替介入)が実施された時によくある話なのです。こういったことから外国為替平衡操作(為替介入)が施行されると、市場の流れとまったく逆の変動をするものです。変動する金の大きさは相当大きく変化しますので気をつける必要があります。