www.haddadsdeptstore.com
為替の介入という言葉はご存知ですか?日銀が為替の介入をして新聞記事、雑誌、テレビのニュースインターネットのニュースで目にした方も多いと思います。そもそも外国為替平衡操作(為替介入)というと日本の場合、財務大臣が円相場の安定化を保つように実行する手段と考えられています。簡単に言えば、かなりの円高もしくは円安が発生すると財務大臣の言いつけによって中央銀行(日本銀行)日本円を取引して為替のレートの安定化を狙うというものです。外国為替平衡操作(為替介入)にはいくつかやり方があるのです。1.単独介入・・・行政または日本銀行が、東京市場において積極的に市場に参加し為替介入をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが協議のうえで、各々の銀行などがお金を使ってみんな一緒にあるいは引き続いて外国為替市場介入(為替介入)を行なう。3.委託介入・・・国外の通貨当局へ向けて介入の実施を任せる。4.逆委託介入・・・日銀が外国の通貨当局と代わって為替介入を執行する。これらの種類があるのです。どのやり方の外国為替市場介入(為替介入)も一時期、あるいは当面市場に大きなインパクトを与えると思います。外国為替市場介入(為替介入)の金額はやはりプライドをかけているのですから桁違いです。円ベースで説明すると、日頃は数銭ごとに変動する為替相場が突然数円単位の動きをします。個人で投資をしている人ならばこれまでに体験していると推測できますがこれまで順調に利益(あるいは含み損)を増やしていた持ち高を保っていたところへ、その保有高が決済しましたとの報告が業者の発信でメールが届き。いくら利益が出たのかな(損益が出たのかな)?と考えながら決済通達を確認すると、自分の中で思っていたものとは真逆の事態にびっくりしてしまう話がよくあります。為替介入(外国為替市場介入)が実施された際によくある話です。こういったことから為替介入が施行されると、市場の流れと真逆の動きをするものです。なおかつ変動する金の大きさは非常に大幅に動きますので用心が必要なのです。